夏の終わりにエアコンクリーニングのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをご覧の皆様、今年の夏もエアコンは大活躍ですよね。そこでエアコンのカビについてお話したいことがあります。エアコンのカビが発生する3大条件は温度、湿度、栄養分と言われています。お部屋の温度で20℃~30℃がカビの発生や増殖に適した温度で、栄養分はホコリ。最後の湿度は特に冷房や除湿に関係しています。エアコンで冷房や除湿を使うとエアコンの中にある熱交換器(アルミフィンと銅管で構成)が結露します。その結露によりエアコン内部が湿気に満たされ、カビ発生の3大条件が揃います。3大条件が揃うとカビは一気に増殖します。逆にエアコンで暖房運転時は湿度がカビ増殖の条件に至らず、比較的発生や増殖が少なくなります。発生・増殖したカビをそのままに暖房を使用し、翌年に冷房に切り替えた瞬間、臭いがバッと出てきて大騒ぎということもよくあます。そのために夏の終わりにエアコンクリーニングをおススメしています。是非ご検討ください。ホームページからお問合せをいただき、防カビ抗菌コートをサービスしてくれませんか?と投げていただければきっと良いお返事をさせていただきます。是非是非ご検討下さい。

SNSでもご購読できます。